咬み合わせがズレると何故、顎関節症になるのか?

噛みあわせの比較咬み合せがズレると、顎の位置がずれます。

歯並び、顎、関節の骨は1つの構造物なので、歯の咬み合せがずれることで、顎、関節の骨も連動してズレてしまうのです。

関節の骨の位置がズレることで、骨と骨の間にある軟骨の位置がズレてしまいます。すると、顎を開け閉めするときに、ズレた軟骨が関節の骨に引っかかって、痛みが出たり、音がしたり、口が開かなくなったり(開口障害)するのです。

このようにして、咬み合せのズレは即、顎関節症へとつながってしまうのです。

このように、顎関節症は大きな問題ではありますが、根本的な問題は顎のズレを引き起こしている咬み合わせのズレなのです。ですから、咬み合わせのズレを治すことが一番の解決法なのです。

そして、咬み合わせのズレは顎関節症だけでなく、他にも様々な問題を引き起こすのです。

今までの咬み合わせの診かた

今までの咬み合わせの診断は咬合器という器械を使って行っていました。
咬合器は人の顎の動きを精密に再現させる道具です。
ただ、どういう動きを再現しているかというと、咬んだ状態、歯を前後、左右に滑らせるといった動きを再現するものであって、しゃべる、食事を食べる、飲み込むといった日常生活に必要な顎の動きを再現するものではなかったのです。このように、限られた動きを再現したとしても、人の顎の働きを理解し、正しい顎の位置を診断するのには限界があったのです。

正しいあごの位置について

顎関節症を治療するうえではじめに考えることは、あなたのあごは正しい位置にあるか?ということです。
多くの場合、顎関節症の原因は、ずれた噛み合わせにあります。
あなたの歯並びにより、気が付かないうちにずれた顎の位置で習慣的に咬みあわせていることが原因の大部分です。
つまり、顎の位置がずれることにより、顎関節に痛みやクリック音が生じ、頸椎のずれを伴う肩こりや頸部の痛み、歯への負担から動揺や知覚過敏などが生じるのです。
それでは、正しいあごの位置はどこでしょうか?
それは、下顎安静位といわれています。つまり、姿勢を整えた状態で歯を咬まずに顎の筋肉をリラックスさせたときに、重力に逆らわずに顎が自然にぶら下がっている位置なのです。
つまり下顎安静位とは、正しい顎の位置を診断する基準となる位置です。

そして、下顎安静位から自然に顎が閉じてきた位置を筋肉位(姿勢位ともいう)といいます。
筋肉位がつまり理想的な噛み合わせの位置ということになります。
治療により、あなたのずれた噛み合わせを筋肉位へと修正していくのが当医院での治療ということになります。

顎関節症を科学的データで診断・診断予約詳細はこちら

電話相談は無料です

24時間インターネット予約

顎関節症に関する診断・詳細

池田歯科大濠クリニック

顎関節症

代表的な症状

代表的な症状

代表的な症状

代表的な症状

代表的な症状

スタッフブログ

医院へのアクセス

  • 地図

池田歯科大濠クリニック 関連ホームページ

  • 福岡インプラント相談室
  • 福岡審美歯科研究所
  • 院長ブログ